CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


<< YAMAHA A-S2100との出会い | TOP | DENON PRA-2000との出会い >>
YAMAHA NS-1000Mとの出会い
30年以上前になるが、義弟にオーディオコンポの選定を頼まれたことがある。
その時勧めたスピーカーは私自身一度も音を聴いたことがないNS-1000Mだった。
オーディオ評論家の瀬川冬樹さん長岡鉄男さんも勧めているしリファレンスとして使っている評論家もいる。
何より途方もないコストパフォーマンスでベストセラーでもあり海外で初めて認められた国産機でもある。
一度も聴いたことがなかったが、間違いはないという確信・・というより聴いてみたいという思いがあった。
義弟は秋葉原の販売店で巧みに値切りながら1本あたり8万程度で購入した。

 

その後、義弟が結婚して家族が増え、家が手狭になったということでNS-1000Mが我が家にやってきた。
バックロードホーンの分厚い音に慣れた私にとって第一印象は端正で中高域が薄いという印象だった。
 
NS-1000Mは、スコーカーとツイーターに当時唯一のベリリウム振動版を採用していた。
ドームはハードかソフトかという論争のさなかNS-1000Mは究極のハードドームを登場させたのだ。
ベリリウムは非常に軽く強靭で音速が速い理想の振動版だが加工は非常に難しいという。
YAMAHAはドームの基材にベリリウムを蒸着させたのち基材を溶かすという方法でこれを実現した。
現在でもハイエンドスピーカーに稀にベリリウムツイータを採用するものがあるが、
大口径ベリリウムのスコーカーを採用したスピーカーは後にも先にもYAMAHAだけだろう。

 

ベリリウムの加工が極めて困難であること、差別化を図ることなどもあり他社では、
ボロン(ベリリウムより硬いが重くて脆い)や、ダイヤモンドコーティングなどで対抗した。
しかし、ボロン振動版は衝撃で割れてしまったものが多いようだ。
またこの時代のユニットはウレタンエッジが多く数年でボロボロに劣化してしまう。
当初から放送局のヘビーデューティを想定したNS-1000Mは布エッジを採用しており現在も健在だ。

 

NS-1000Mのコストパフォーマンスの高さはユニットが単品販売されたことからも伺える。
ツイータが2.5万、スコーカーが7万、ウーハーが4万だったと記憶している。
ユニットだけで13.5万だが、NS-1000Mはキャビネットとネットワークもついて10.8万で売られていたのだ。
音質面からのコストパフォーマンスも驚異的なレベルだ。
使い込むと透明感、繊細感、音場、切れの良さ、これ以上の音はないのではないかと思えてくるほどだ。
実際、ショップでこれに近いレベルの音が出ていると思えるスピーカーは50万円以上である。
バックロードホーンと比べると中高域が薄いが、毎日音が変わり気を揉まされるバックロードと反対に、
正確無比、いつでも同じクオリティの音を再生してくれる安定感は純粋に音楽を楽しむ上で大きなメリットだ。

 

現在、我が家のメインスピーカーはNS-1000Mにバトンタッチした。

エージングされ尽くしたタマムシ色に輝くベリリウム振動版から飛び出してくる音は他には代えがたい。

posted by kitigreen | 15:29 | Audio | comments(0) | - |
コメント
コメントする