CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


<< 好きなオーディオ評論家 | TOP | バックロードホーンとの35年の付き合い >>
オーディオコンポへのこだわり
オーディオコンポへのこだわりは、ただ一つ「何もいじらない」である。
20代までは更に音を良くしようとオーディオコンポを色々と改造した。
内部配線の交換、コンデンサーの交換、ヒューズの交換、スピーカユニットの交換、インシュレーターの交換。
更にはバイアス電流の変更、NFB量の変更、ターンテーブルの穴を削って低重心化、アームの改造。
しかし、手を加えて音が良くなった経験は一度もない。

この過程でプリのラックス5C50のキャビネットのかみ合わせを間違え音が激変する経験があった。
ラックス5C50は脳に直接染み入るような、他のプリでは後にも先にも経験したことのない快感を伴った透明感を持っていた。
ところが、キャビネットを閉じた後、その音が突然黒板を引っ掻くような不快な音になってしまったのだ。
最初は原因が分からず当惑した。でも音が変わった前後で異なるのはキャビネットだけである。
そこで改めてキャビネット確認すると本来外側にかみ合わせるべき部分が内側にかみ合っていることに気づいた。
まさかそれで音が変わるはずがないと思いながら元に戻してみて驚いた。
嘘のように不快な音が無くなったのである。


私はそれ以来、現用コンポには一切手を加えないことにしている。

コンポはメーカーのオーディオデザイナーが音決めをし、エンジニアがチューニングしている。
チューニングされた音はメーカーの最善の音であり勝手に手を加えてもバランスを崩すだけなのだ。
私は置き場所や置き方も関係ないと思っている。置き場所で音が変わるようなコンポは本質的に未完成だ。
また、音を変えるような行為も良くない。私はコンポそのものの音を尊重する。

 

オーディオコンポを頻繁に交換するうちは決して良い音に巡り合えない。
そこで堂々巡りに改造やグッズ交換を繰り返し、やっぱり駄目だと買い替える。
物量投入型でしっかりチューニングされたコンポーネントは諦めずに使い込めば必ず本物の音が見えてくる。
私の経験則である。
posted by kitigreen | 17:34 | Audio | comments(0) | - |
コメント
コメントする